目次

1.はじめに
2.行きつけの整体を周りに広めたかった
3.今の広告=お金を多く払うところにお客が集まる
4.広告って嫌われ者
5.皆が欲しいのは「広告」ではなく「口コミ」
6.高橋、アメリカに飛ぶ
7.関係者全員を幸せにしたい

1.はじめに

今回は、弊社サービスcocoが誕生した背景や、代表である私、高橋がどのような想いを持ってこのサービスを開発したのかを記させていただきたいと思います。私の考えに共感してくださる方がいらっしゃれば嬉しいですし、共感いただけずとも私の想いに触れていただけるとcocoの存在意義もご理解いただけるかなと思います。

2.行きつけの整体を周りに広めたかった

そもそものきっかけは、私がよく訪れていた整体や美容室でした。『自分を満足させてくれる、この充足感や満足感を他の人にも広めたい、教えてあげたい』となんとなく考えていました。でも自分が単純に知り合いに発信していくだけでは、すぐ限界が見えてしまう。

そこで、より多くの人たちに知ってもらえるような仕組み、「広告」について興味を持って調べ始めました。

3.今の広告=お金を多く払うところにお客が集まる

広告や集客の本来あるべき姿とは、
よいサービスを提供している店舗に、然るべきお客様が来る
ことです。

しかし、現状の広告を見ていると、
多くのお金を払える店舗に、多くの来店がある
といった状態になってしまっていると感じます。

多くの広告サイトでは、より高い出稿料を払った店舗がより目立つように、他社よりも上位に表示される仕組みになっています。
広告に大きな予算を割けるお店が大きな集客効果を保持し続ける。それって正しい姿ではないなと考えるようになりました。

4.広告って嫌われ者

広告を使う側からみてもあまり正しいようには見えませんが、広告を受け取る側・見る側からしたらもっと正しくない気がします。

皆さんテレビCMって好きですか?
中にはとてもクオリティが高かったり、短い間で人の心を動かしたり、感動させたりするものもありますが、基本的にテレビCMが好きな人って少ないと思います。

みんなCMを観たくないから、CM飛ばしの録画機能付きのレコーダーがあるわけです。なのにCMを製作するのに何百万・何千万というお金が投下されている。

では紙媒体の広告はどうですか?
皆さん不要だと思っているからマンションの郵便受けの前に「チラシお断り」の張り紙をするんですよね。

改めて考えるとこんなにも広告って嫌われてる。ここまでテクノロジーが発達した時代にもかかわらず、広告そのものは前時代的なものに留まってしまっていると思うのです。

5.皆が欲しいのは「広告」ではなく「口コミ」

そこで目をつけたのが、「口コミ」でした。消費者が良い店舗かどうかを知るときに、多くの人がとる行動が「人に聞く」ことです。しかし大抵の場合、都合よく自分の身近に自分にとってよいお店を知っている人がいるわけではありません。

消費者にとっては、商品やサービスの購入にとても参考になる要素ですし、事業者側からすれば、良い口コミはいくらでも欲しい。

しかし、現状の口コミは、お客様がたまたま書いてくれるかどうかに依存していて、意図的に増やすことが非常に難しくなっています。

しかも少し研究を始めると、既存のいくつかのインターネット口コミサイトでも「口コミの数」や「口コミの質」ではなく、「より高い出稿料」を出した店舗を上位に表示させていたりしていました。

それらのサイトやこれまでの仕組みを批難するつもりはありません。でも自分の中ではなんとなくやはり「フェアではない」と思ってしまったのです。

6.高橋、アメリカに飛ぶ

これは本格的に「広告」ひいては「口コミ」について研究しようと思いました。日本国内だけでなく、海外事情についても調べ始めました。

すると、アメリカでは「口コミ」を使った集客が流行り始めていることを知りました。すでに口コミを利用したサービスを提供している企業もいくつかあったので、とにかく話を聞いてみたいと思いました。

どうせ聞くなら口コミ業界のトップ企業の社長に話を聞きたいと思い、アポイントも何もない状態で、その企業の本社があるソルトレークまでとりあえず行きました。

結局どうにかこうにかアポイントをこぎつけ、現地にて「口コミ」業界のリーディングカンパニーのCEOと話をすることができました。
色々な話をさせてもらいましたが、端的に言うと、「これは日本でもやるべきだ」と強く感じました。

米口コミ獲得支援サービス最大手「podium」CEO Eric氏と株式会社coco代表高橋ツーショット

7.関係者全員を幸せにしたい

日本に帰国後はシステムの開発を行い、口コミ獲得支援サービス”coco”をリリース。実際に行きつけの整体師さん等にも使っていただきました。
すると様々な店舗で成功事例が上がっていきました。導入していただいた多くの店舗で新規のお客様が増えて、売上や利益にも貢献できました。

今まで多額の広告費を使っていたところを、cocoを活用することで抑えられるようになる。
しかもお客様にとって「口コミ」は強制的に見せられるものでもない。

今では「口コミ」だけでなく店舗様の集客に関わる、色々な課題の解決のお手伝いもさせて頂いています。

cocoに関わって下さった関係者全員がこれまでよりも幸せになれればいいな、幸せにすることができれば嬉しいな、そう思って今日も仕事をしています。

最後に、もしよければ私のインタビュー動画も覗いていってください。