先週話題になった、店舗経営者やビジネスオーナー様が気になる集客や広告、マーケティングなど店舗経営に関するニュースをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

今週のニュース

2017年のビューティトレンドを総括!「@cosmeビューティアワード2017」
日本最大級の美容アワードだそうです。サロン部門ではispotに掲載中の全店舗から、口コミをもとに大賞が選ばれるそうで、関東エリアからは脱毛・シェービング系の店舗が受賞されていました。

関東No.1の店舗の口コミはいかほどか、1つ1つチェックしたところ、
このお店の口コミは1年間でなんと276件。
そのうち5つ星が263件、4つ星が12件、3つ星が1件、2つ星・1つ星は0件、
というデータでした。

口コミの多くは単なる施術の技術ではなく、スタッフの人柄の良さにも触れていました。No.1のお店をぜひ参考にしてみては。

 
医療や健康に関連する検索結果の改善について
Google検索での、検索結果のアップデートが行われました。
一般のユーザーが医療や健康について検索をかける際は、日常会話で使う簡単な言葉で検索を行います。一方、医療や健康分野において信用できるサイトの多くは、専門用語が多用されています。

そのため、今までは一般のユーザーが信頼性の高いサイトに到達しにくい状況でしたが、今回のアップデートで有益な情報がより上位に表示されるようになりました。

日に日にGoogleも進化していますが、各分野の専門家の皆さまもブログやページを書く際は、より多くの人に見てもらえるように、分かりやすい言葉を使うよう心がけましょう。

世界の全広告費の25%を、GoogleとFacebookの2社だけで寡占
WARC(世界無線通信主管庁会議)がこのほど明らかにした全世界の広告市場の動向の調査結果では、
GoogleとFacebookの2社による2017年の広告売上は、世界のオンライン広告市場の61%、世界の全広告市場の25%を占めているとのこと。

広告の世界はGoogleとFacebookを中心に回っています。皆さまもぜひGoogleとFacebookを有効に使いこなして、集客アップを目指していってください。

Googleを使いこなせるかがカギ

広告の世界ではGoogleが既に世界のトップにいます。皆さまの店舗においても今後、今まで以上に集客や広告の面でGoogleを活用することが増えてくるでしょう。

同業他社よりも一足早く、Googleについての知識やテクニックを身に着けておくのが良いかもしれませんね。