目次

・今週のピックアップ記事
・モバイルwebマーケティング戦略”5つ”のトレンド
・広告を読む相手を意識する
 -動画は短く
 -改行を多用して読みやすく

今週のピックアップ記事

店舗経営や集客に関する、海外の最新情報を分かりやすくお伝えします。今回は、こちらの記事をピックアップしました。

5 Mobile Web Marketing Trends for Small Business Owners

こちらの記事では、スマホやタブレット等の携帯端末用の広告戦略について述べています。
店舗経営者やマーケティング担当者さまに、モバイルwebマーケティングの5つのトレンドを海外よりお伝えします。

モバイルwebマーケティング戦略”5つ”のトレンド

今後注目されてくるトレンドとして挙げられているのは「クリック課金型広告」「ビデオ広告」「モバイル用SEO」「モバイル検索」「コンテンツの報酬化」の5つです。

挙げられている「クリック課金型広告」なら、興味のある人(広告をクリックした人)の数だけ広告費を支払う形なので、無駄な広告費の出費を抑えることができそうですね。

また、「モバイルコンテンツの報酬化」とは、ゲームやSNS等の携帯コンテンツを通じて、プレイした人や商品のシェアをしてくれたユーザーに、クーポンなどの報酬をプレゼントすることで顧客の興味を促す施策です。

『シェアしてくれた人の中から抽選で○○名様にプレゼント!』なんて企画も最近ではよくありますし、参加する側も気軽にできるので、多くの人にサービスを知ってもらうチャンスになりますよね。

広告を読む相手を意識する

いきなり、「モバイルwebマーケティングに注力!」なんていうのは難しく感じるかもしれませんが、できることから少しずつ始めましょう。
ポイントは携帯端末を使っている相手を意識したものを作ることです。

動画は短く

ビデオ(動画)をFacebook等にアップロードして広告にしようと思ったら、動画は短い方が良いです。
携帯端末で動画を見る人を飽きさせたら、施策は失敗です。端的に・キャッチーな動画を作れると良いですね。

改行を多用して読みやすく

文章を書く際も、文がついつい長くなってしまいがちですが、大げさな程に改行や1段空けを多用することで、スマホでも見やすい文章作りを心がけましょう。

検索においても、GoogleホームやSiri等の音声検索への対応も大事になります。

自分の取り組める範囲で、少しずつ実行することで、同業他社に差をつけていきましょう。