目次

・webサイトをスマホ対応にすべき理由
  -Google検索ではスマホ検索がPC検索より多い
  -単純に見づらい
  -モバイルファーストインデックスの登場
・スマホ対応のサイトを作る方法
  -WordPressテンプレートを使用する
  -WiXを使用する
  -Strikinglyを使用する
・早めに手を打つべき

スマートフォンの普及率が年々上昇しているなか、皆さまの店舗にいらっしゃるお客様も多くの方がスマホを使っているのではないでしょうか。

当然、皆さまの店舗のwebサイトの閲覧や、ネットによる予約も、スマホによるものが増えていると考えられます。
そこで考えたいのが、皆様の店舗ホームページの「スマホ対応」です。

webサイトをスマホ対応にすべき理由

Google検索ではスマホ検索がPC検索より多い

2015年にはスマホ(モバイル端末)からの検索数が、パソコンからの検索数を上回ったとGoogleが発表しました。

Building for the next moment

こちらは2015年5月の発表ですので、その時点から2年以上経過している今では、スマホ検索の数はそれ以上に増えているのではないでしょうか。

検索の場面では、スマホからの検索が主流になりつつあるのですから、
「ホームページもスマホ対応にする」というのは自然な流れです。

単純に見づらい

このように、スマホでの検索が増えてくれば、ホームページもスマホによる閲覧が増えます。
しかし、ホームページがスマホに対応していないと、

・文字や画像が小さくて見づらい
・見づらいせいで、リンクやアイコンを誤タッチしてしまう
・パソコン用に作られたサイトをスマホ閲覧すると重くて表示速度が遅い

このように、色々な弊害が生まれてきます。
特に、店舗スタッフによるブログは、スマホ閲覧を意識していないものが多く、延々と文章が続いているブログもよく見られます。

折角、お客様のための良いコンテンツを発信していても、お客様は少しでもイライラ感や面倒さを感じると、そのページからすぐに離れてしまいます。

このように、ユーザー目線から考えても、ホームページをスマホ用に整備しておく必要はあります。

モバイルファーストインデックスの登場

ネットでの検索結果の表示順位は、今までは「検索ワード」と「PCで閲覧された場合のwebページ内容の関連度合い」で決められていました。

しかし、Googleは上記の発表のように、スマホ利用者が爆発的に増えていることを受けて、「検索ワード」と「スマホで閲覧された場合のwebページ内容の関連度合い」で検索結果の表示順位を決定づけようとしているのです。

PCではなくスマホでの検索を優先させよう、つまりモバイルファーストにしよう、とするこの施策を「モバイルファーストインデックス」と呼びます。

Googleによるこの施策はまだ実験段階で、正式に採用はされていません。
しかし、遠くない将来に正式採用されるだろうという声は多いです。

スマホで検索された場合のwebページ内容で、表示順位が決まるのであれば、スマホページを整える必要はありそうです。

スマホ対応のサイトを作る方法

それでは、スマホ対応した店舗サイトを用意するにはどうすればよいのでしょうか。
業者に委託するのが手っ取り早いのかもしれませんが、自身でサイトを制作する場合に有効な、HP制作ツールをご紹介します。

WordPressテンプレートを使用する

HP制作の分野では、全世界的にこのWordPressが使われています。
そして、多くの人が使っているため、各業種・店舗に適したテンプレートが大変多く公開・販売されています。
弊社によるHP制作代行も、安価なものでは、以下のようなテンプレートを使用しています。


WiXを使用する

WiXもWordPressと同じ、HP制作ツールの1つです。
WiXは誰でも、簡単操作でHPを制作できることを強みとしています。

とにかく簡単に、手軽にスマホ対応のホームページを用意するのであれば、WiXを採用するのもアリかと思います。

Strikinglyを使用する

さらにシンプルに、簡単に、お客様に見せられるホームページを作りたいのなら、Strikinglyを使うのが良いでしょう。
見栄えはシンプルなものになるかもしれませんが、お客様に見せる分には十分なサイトを作ることができます。
こちらも、誰でも使えることをウリにしたHP制作ツールです。

早めに手を打つべき

いかがでしたでしょうか。スマホ対応のサイトの必要性がある程度理解できましたでしょうか。
web集客において、スマホ未対応のままでは他の店舗と比べて、大きな差をつけられてしまいます。

難しいと感じる場合であれば、弊社cocoがお手伝いできる部分もございます。
後回しにしがちなweb制作・web集客ですが、ぜひ早めに対策を立て、実行に移しましょう。