皆さまはご自身のHPでブログは書いてますか?
継続して書くのがなかなか難しいかもしれませんが、結論から言うと、「ブログは書いた方が良い」です。
今回は、その理由について考えていきたいと思います。

目次

・①オーナーや経営者の信念や想いを伝えられるため
・②自分やサービスのファンになってもらうため
・③検索結果で上位表示させるため
・④社員・スタッフへのメッセージにもなるため
・⑤お客様のフォローに使えるため
・「日記」と「ブログ」は違う

①オーナーや経営者の信念や想いを伝えられるため

ご自身の考えや想いを伝えるのに、ブログは有効に機能します。
仕事への確固たる信念や、熱い想いなどは、お客様へのサービス提供中に話す機会はなかなかありません。
それをブログの場でお客様の目に入るようにするのです。

・この仕事を始めたきっかけ
・独立してお店をオープンした経緯
・お店のモットー・コンセプト
・お店を開いて良かったなと思った瞬間

具体的には上記のような内容のブログを書き、お客様にご自身の考えや信念を伝えることで、その想いに共感したお客様を引き寄せることに繋がります。
また、自分の求めるお客様の来店が増えることで、仕事へのやりがいを強く感じられるようになるケースもあります。
より具体的な参考として、コチラのブログ記事は参考になると思います。

みきじろう整体、独立開業の想い~根拠のない自信とある決断~

②自分やサービスのファンになってもらうため

2つ目の理由は、「自分やサービスのファンになってもらうため」です。
簡単に言うと、自分がどういう人間なのか、提供しているサービスは他とどう違うのか、つまり店舗の自己紹介をブログでするのです。
特に、整体院や美容院など、患者様やお客様に直接触れる業種では、施術者(サービスの提供者)がどういう人か、とても気になります。

サービス業にはお客様とお店の相性のようなものもあります。
どんなにサービスの質と値段が良くても、お店のスタッフと相性が悪ければ、リピートはしてくれません。
その逆に、どんなにお店のスタッフが良い人でも、サービスが自分の求めるものとは異なっていれば、足を運ぶ回数は少なくなるでしょう。

ではどのようなブログ記事を書けばよいのか、具体的にいうと、

・自分の趣味についての投稿
・日常のなかで起きた出来事
・改善した小さなサービスについてのお知らせ
(今月から、来店したお客様へのウェルカムドリンク始めました!等)

これらの投稿をすることで、自分の人となりやサービス理解を深めてもらい、お客様との距離を縮め、親近感を持ってもらうことに繋がります。
より具体的には、コチラのブログ記事を参考にしてみてください。提供するサービスと全く関係のない投稿でも良いですが、提供するサービスとブログ内容が絡められると尚良しです。

畑も身体もお世話せんとあきません。レンタル菜園で野菜作り!

③検索結果で上位表示させるため

定期的にHPを更新することが、実はSEO対策になって(≒検索結果で、上位に表示させるのに役立って)いるのです。
では、どのように定期的にHPを更新すればよいのか。

それが「ブログ」なのです。

SEO対策としてのブログであれば、より検索に掛かりやすいためのテクニックが別に必要になります。
でも、これからブログを書き始めるのであれば、まずは上記のような内容のブログを根気強く更新していきましょう。

更新記事が積もり積もった結果、検索結果の上位に来るようになる可能性が高まります。

④社員・スタッフへのメッセージにもなるため

これは事業規模が少し大きくなった場合のケースになるでしょうか。
オーナーや経営者がブログを更新していれば、スタッフの方々はほぼ必ずそのブログを目にするでしょう。

お客様に向けたメッセージでも、トップの人間がどのように感じているかをスタッフが読み取ることができます。
オーナーや経営者の考えをブログを間接的に受け取ることで、スタッフ達は自分で考え、行動できるようになるでしょう。

⑤お客様のフォローに使えるため

基本的に、サービスの提供中に話ができる時間は限られています。
お客様から頂いた質問や疑問について、ブログで回答することでお客様のサービスへの理解度や満足度が高まります。

また、日々の生活で取り組めるようなセルフケアの方法を伝えることで、お客様へのサービス提供後のフォローができます。例えば、

・毎日5分で出来る肩凝り解消法!
・美容のためにお風呂あがりにやるべき3つのコト

のようなタイトルでブログを更新してみてはいかがでしょう。
コチラのブログ記事も参考になります。

長引く不調を改善させた人の共通した習慣は毒出しの「白湯」にあり。

このような、自分にとって非常に有益な情報は、読者にとても好まれますし、アクセスも伸びる傾向にあります。
これらの投稿を続けることで、2番目にあげた「ファンを増やす」ことにも繋がっていきます。

「日記」と「ブログ」は違う

いかがでしたでしょうか。ブログを書くのも意外と大変ですし、それを継続して更新し続けるというのは更に大変だと思います。
それでも取り組むべきだと考えますし、ぜひトライしていただきたいと思います。

ブログを書くときのコツとしては、「日記とは違う」という意識を持つことです。
日記は、誰に読ませるわけでもなく、自己満足のものです。

しかし、ブログはその向こうに読者(お客様)がいます。
その読者に対して、何を伝えたいのかをはっきりさせてから書き始めてみましょう。

そうすると、少しブログが書きやすくなるのではないでしょうか。
慣れるまでには時間がかかると思いますが、ぜひ取り組んでみてください。