お客様はどうしてその美容院に訪問してみようと思ったのか?
お客様の気持ちを理解することで、きっと、繁盛店舗になれる!
アンケートを駆使し、徹底調査してみました!

目次

・調査結果
  -多くのお客様は口コミでお店を知る!
・それぞれのツールの詳細を見てみよう!
  -口コミでは接客態度が重要視される
  -HPでは真っ先に金額が見られる
  -SNSではInstagramが一番多く用いられている
  -ブログではメニュー紹介が見られる
  -GoogleMAP上での口コミも大切
  -友人を経由することが集客に一番効果抜群
  -【その他】ネットを利用しない方法とは?
・集客力のある店舗って何だろう?
・アンケート調査を通じて感じたこと
  -1件の口コミがたくさんのお客様を呼ぶ
  -お店の質の向上が口コミを増やす最善の方法
  -HPには説明、時間、金額、場所、雰囲気の情報を必ず載せよう
  -上手なSNS活用で魅力度UP
  -SNSにはそれぞれの利点、欠点がある
  -お客様が求める面白い集客方法って何だろう?
・おわりに

調査結果

多くのお客様は口コミでお店を知る!

まず始めに、何をきっかけにその店舗を知り、どの情報を基にお店を比較するか?
また、知った情報からどのようにして訪問するお店を決めるのか?
調べてみました。

どのようなツールを経由して訪問する美容院を知りますか?(複数選択)

何を基に訪問する美容院を最終的に決定しますか?(複数選択)

この2つの図を比較してみると、2つの傾向があるように思われます。
①友人やサイトの口コミからお店を知り、店舗のHPやSNSなどを通じて詳しく検索してみる方
②友人やサイトの口コミからお店を知り、それを信じ、実際に訪問してみる方

また、アンケートに関して、男女別の傾向としては
男性はその店舗のSNSやHPを通じて気になるお店を直接検索するのに対し、
女性はその店舗のお客様の口コミを重視し、たくさんの口コミを見る傾向にあるようです。

では、それぞれのツールに関して詳しく見てみましょう。

それぞれのツールの詳細を見てみよう!

そのお店の広報手段としてたくさんのツールが用いられています。
主にネット上のツールになってしまいますが、見てみましょう。

口コミサイトでは接客態度が重要視される

※口コミサイトとは
ホットペッパービューティーやエキテンなど、全国の店舗情報が掲載され、気になったお店同士を比較できるサイトです。多くのサイトが存在しています。

一番初めのアンケートでは多くのお客様が口コミをお店選びに生かす、お店決定に用いると答えました。

では、どういう口コミを見るとお客様は安心して足を運ぶのか?気になりませんか?

あなたが一番重要視する口コミは何ですか?(選択)

~理由~

〈接客態度〉
前に隣で大声かつタメ口で接客して居た人がいて友達関係かもしれないが、周りは不愉快だった経験があるので、いくら技術が良くても二度と行かない。(女性51歳)
接客態度が悪いと他の全てが満足しても二度と行きたくないから。(女性43歳)

〈雰囲気〉
第一印象で行くか行かないかが決まる。(女性40歳)
堅苦しい雰囲気では行きたくないから。(男性36歳)

〈金額〉
そもそも高いと調べる気にもならないから。(女性27歳)
美容院の平均で3000円くらいだと思います。それより安かったら行ってみる価値はある。(女性63歳)

〈混雑情報〉
混んでいると流行っているのかなと思うから。(女性26歳)
並ぶようであれば時間がもったいないので他を探す材料にする。(女性24歳)

〈その他〉
口コミは気にしない。(男性33歳)
「メニュー、希望した内容と仕上がりが分かる写真」仕上がりを確認出来るから(女性25歳)

一番重要視されている点は接客態度店舗の雰囲気のようです。
ぱっと見では分からず、一度自分自身で実際に触れてみないと分からないような項目ですね。

また、お店を選ぶ基準は1つだけではないはず。
お客様はどのようなポイントに目をつけ来店を決めるのか、調べてみました。

どういう口コミが書かれている店舗には行きたくないですか?(複数選択)

~理由~

〈接客態度〉
値段が安い上に、接客態度が良いなら絶対行きたい。逆に悪いなら安くても行かない。(女性27歳)
接客態度悪い=雰囲気悪い(女性23歳)

〈雰囲気〉
感じ悪いところはイヤだから。(女性38歳)
雰囲気も大事です。パーマなどは時間がかかるので美容師さんとの会話も考えます。(女性34歳)

〈その他〉
「仕上がりの写真」仕上がりを確認出来るから。(女性25歳)
「お店の場所」わかりにくい場所にあるところにもわざわざ行かない。(女性26歳)
「カットがうまいか」カットが上手い美容師さんがいたら、いつも行く美容院よりも多少高くても行きたいと思うから。(女性22歳)

口コミで特に見られる点は接客態度に関連することみたいですね。
技術があるに越したことはないのですが、無意識のうちに失礼な態度ばかりを取っているとお客様はどんどん離れていってしまいます。

外装や内装のおしゃれさ、美容師さん個人の技術力(カットのテクニックなど)はもちろん大切です。しかし、これらと同じくらい美容師さん個人の接客態度やコミュニケーション能力も大切にする必要があるようです。

美容師さんとの会話を楽しみたい方もいらっしゃるようです。中には好まない方もいらっしゃいます。話しかけて欲しくない方に話しかけてしまうと、不快な印象を与えてしまいます。短い時間でお客様が何を求めているのか、察することが出来るといいですね。

HPでは金額が見られる

その店舗のスタッフが運営しているため、それぞれの店舗の特徴や雰囲気が出やすいサイトですよね。そんなオリジナリティあふれるHPで、お客様がどの項目を見るのか調べてみました。

HPではどんな情報を確認しますか?(複数回答可)

ほぼ全員のお客様がメニュー、料金プランを確認する結果になりました。

その他回答例
「スタイリストについて」(女性24歳)
どんなスタイリストさんがいて、自分合う施術を行ってもらえるのか確かめるために調べるみたいですね。

多くのお客様はメニューや料金を確認していますが、果たしてHP内でトップページの次に確認する項目はどの項目なのでしょうか?

HPではトップページから何に移動しますか?(選択)

どんな料金プランで運営されているのか?気になる方が多いみたいですね。
口コミサイトでは分からない店舗の情報を調べ、確認する方が多いみたいです。

中にはHPに情報があふれてあり、どの項目のボタンを押せばどの情報を確認できるのか分からない場合もあります。そこで、どの情報が一番目立っていればお客様にとって親切なのか?調べて見ました。

HPで目立っていた方がいいと考える項目はどこですか?(選択)

やはり多くのお客様は金額を気にするみたいですが、料金よりもお店の雰囲気を気にする方も多いみたいですね。

~理由~

〈メニュー、料金プラン〉
いくらお店の雰囲気や人気があっても、金額が高ければあきらめないといけないから。(女性34歳)
希望のメニューがあるのか、いくらで叶えられるのかが分かりやすいと嬉しい。(女性29歳)

〈お店の説明〉
どのような店なのかがわかったら、自分に合っているかどうかまず判断できると思うから。(女性24歳)
そのお店ならではのものが知りたいから。(女性39歳)

〈内装〉
ホームページを見た瞬間にお店の雰囲気がイメージしやすいから。(女性25歳)

〈営業時間〉
行こうとおもうと、営業時間を知りたいので。(女性42歳)

〈お店の名称〉
お店のロゴや名前の印象が強く残っていると、迷ったときの最終判断で決定することが多い。(女性22歳)

〈場所、アクセス方法〉
行って駐車場(駐輪場)が無かったり、小さかったりすると困るから。(男性33歳)
知らない店だと行き方が分からないから。名前は聞いたことがあっても、似ている名前だと違う店に行くかもしれないから。(女性63歳)

冒頭の2つのグラフからも分かるように、美容院の場合、お客様はそのお店に興味を持ってから、HPを検索する場合が多いです。
多くの方に見てもらえそうな料金プランやお店の説明のページを目立たせる。
お店のオススメプランやセール情報を目立たせる。

お客様がどのような情報を求めているのか、お客様の要望にあったサイトを作成する必要があると思います。

中には「営業時間」と「アクセス」が同じページにあるといいという声も上がっていました。
複数の情報を1ページにまとめ、短時間で主要な情報を確認したいという意思の表れでしょうか?

SNSではInstagramが一番多く用いられている

※SNSとは
FacebookやTwitter、Instagramなど全国に多くの方が利用しているツールです。

普段、どのSNSを用いて美容院を調べていますか?(選択)

その他回答
「SNSは利用しない」(女性24歳、女性29歳、女性63歳)
SNSのアカウントを持っていないお客様も中にはいらっしゃるので、そのような方々にはSNS以外の広報手段を考える必要がありますね。

多くの情報がSNS上に投稿されています。多くの情報に自分たちの情報が埋もれてしまっては、更新する意味がなくなってしまいます。そこで、スタッフで季節感を楽しんだり、お誕生日のお客様に向けてサプライズで何かしたり、他の店舗が行わないような、魅力的な投稿をすることができれば、多くのお客様の目に留まることができるはずです。

どのような投稿に一番心惹かれますか?(複数選択可)

~理由~

〈お客様の声〉
かわいい人が行っていると気になる。(女性27歳)
行った人がどういう感想を持ったか気になるから。(女性42歳)

〈メニュー、料金プラン〉
金額によって行くか行かないかを決めるから(女性23歳)
髪色の写真とメニューがあれば、頼みやすいから。(女性19歳)

〈お知らせ〉
SNSでこまめに情報を流した方が、ただの定期botにならなくて良いと思う。(女性24歳)
お店の方が色々な情報を発信していると、印象ともにその店舗自体の雰囲気を分かるのには良いから。(女性46歳)

〈日常〉
その店舗の日常を知る事でどんな雰囲気か見えてきそうだから。(女性40歳)

〈その他〉
・お客様ヘアカタログ(男性26歳)
 -色々なパターンをみたいから。毛の質感も含めて自分が行ったときのことをイメージしやすいとおもったので。

現在、多くの美容院が広報手段としてSNSを利用しているみたいですね。
お客様は「美容院」「美容院 ○○(場所)」など単語を検索するだけでSNSから料金プランやクーポン等の多くの情報が手に入れられます。
また、お客様側が「この美容院よかったよー」と更新するとともにタグ付けをすることで、広告塔となり、更に多くの方に知ってもらうきっかけとなります。

ブログではメニュー紹介が見られる

現在、多くの店舗でブログが継続して更新されています。
日誌代わりにスタッフが代わる代わる書いている店舗もあれば、ある個人が一人で書いている店舗もあります。ブログ1つ取っても、その店舗のカラーが出ますね。

どういう記事がお店選びの基準となりますか?(複数選択可)

~理由~

〈お客様の声〉
どんな美容師さんがいるのか、髪質に関して親身になって相談に乗ってくれるのかをなんとなく見ているから。(女性42歳)
行って後悔をしたくないので、お客様の声をチェックしてから行く。(女性39歳)

〈メニュー紹介〉
メニュー、料金がしっかり記載されているかを確認する。(女性23歳)
せっかく、美容院ならメニューやヘアケアを教えてくれるとよりイメージしやすくなるから。(女性29歳)

〈ヘアケアに関する豆知識〉
普段なかなか聞くことのできない話を知れるのはありがたいから。(女性26歳)
マメ知識について詳しく書かれていたら実際に行って聞いてみたいと思う(女性24歳)

〈営業情報〉
詳しく掲載されていると信頼できる。(女性25歳)

〈お知らせ〉
最新情報がきちんと更新してあるお店だと、安心して予約をすることができる。(女性39歳)

〈その他〉
・お客様のヘアスタイル
 -お客様のヘアスタイルで自分の理想のヘアスタイルを見つけることができると思ったから。(女性42歳)

髪質について親身に相談に乗ってくれるなど、店舗やスタッフさんが身近に感じられるような記事を見ると安心できる方が多いみたいですね。

どういう記事があれば心惹かれますか?(複数選択可)

~理由~

〈メニュー紹介〉
セットメニュー(例えばカットプラス矯正)があれば助かるので。(女性51歳)
この美容院ではこんなメニューが安く、特別なお薬を使って色々なヘアスタイルが出来るなどみんな知りたいはず。(女性46歳)

〈ヘアケアに関する豆知識〉
自宅でのケアやセットの方法など、仕上がりをキープする方法を紹介してもらえると助かる。(女性63歳)
ブログにヘアケアのマメ知識が載っていたら、よく見るようになったり、実際に行ってみたくなったりすると思う。(女性24歳)

〈お客様の声〉
お客様の声はこのお店のスタッフさんはいいのかとかカラーの仕上がりが書いてあるので参考になるから。(女性19歳)

〈お知らせ〉
キャンペーンの紹介などしてほしい。(女性23歳)

〈日常〉
美容院の日常的なお知らせがあると色々想像して行きやすいので。(女性29歳)

〈お客様の声〉
実際行った方がどういう印象を受けたかが知りたいから。(女性26歳)

〈被リンク記事(周辺の飲食店紹介など)〉
周辺の情報があれば、少し早めに行って散策してみようかなとか、終わった後あそこのお店に行ってみようかななどと予定も立てられる。(女性22歳)

〈その他〉
「髪質、髪型に対する適切なヘアスタイルのアドバイス」(女性43歳)

やはり、美容院の料金評判が気になるお客様が多いみたいですね。
文章や複数の写真を一緒に投稿できるブログであるからこそ、料金プランや季節オススメのヘアスタイルなどをじっくりと紹介する事が出来ます。美容院ならではの情報を発信できると興味を持ってくれるお客様がたくさんいるはずです。

お客様が気になる情報を詳しく丁寧に、また、たまにはキャンペーンなども交えてこまめに更新できるといいですね。

GoogleMAP上での口コミも大切

※GoogleMAP検索とは
Google検索において「○○(店舗名) ○○(地域)」と調べた際に、通常検索よりも地図と共に上位に表示される検索のことです。

外出先で使うことの多い機能ですね。
美容院を探しに来たわけでなくても、外装内装がおしゃれな美容院を見つけ、気になった際に役立つツールですね。

どの情報がお店選びに役立ちますと思いますか?(複数選択)

~理由~

〈口コミ〉
お客様の生の声は一番参考になると考えています。色々な口コミから検討したいと思います。(女性40歳)
第3者の意見を適切に判断することができれば、自分の好みのお店を見つけられると思う。(女性29歳)

〈写真〉
写真があると店舗の雰囲気を想像しやすい。(女性29歳)
写真などがあって自分がしてほしいヘアスタイルがあればその美容院に行きやすいから。(女性24歳)

〈場所〉
家から近いかを見るため。(女性27歳)
立地によっては行きにくいところもある。(女性24歳)

〈営業時間〉
家に近く行きやすい時間に営業しているかが気になるから。(女性42歳)

〈店名〉
お店の名前や外観って選ぶにあたり、初めての人はすごく考えるポイントだと思います。(女性46歳)

〈質問と回答〉
お客さんの質問への回答は自分が知りたいことであると思うから。(女性22歳)

〈訪問数と時間〉
訪問数がわかれば人気なのかわかるし、時間もずらすことが可能になるから。(女性22歳)

〈その他〉
・価格帯
 -あまり高いと行けないから。(女性26歳)

やはり、口コミを大切にする声が多く上がりました。
また、GoogleMAPを活かす検索であるからこそ、店舗がある場所や外装などの店舗に関する写真を気にする声も多く上がりました。

Google検索結果は「業種名+「地域名」で検索を行った際に最初に目に入る検索結果であると思います。
店舗側としては、必要最低限の情報を更新した後、お客様が自然と写真や口コミを投稿してもらえるような雰囲気作りをする必要があります。例えば、フロアのいたる場所にSNSのQRコードを提示したり、写真撮影スポットを作成したり、簡単にできることがあるはずです。

友人を経由することが集客に効果抜群

普段からコミュニケーションを取っている友人や恋人、家族が髪型に関してイメチェンをしたとき、どこで施術してもらったか気になるお客様は多いみたいです。
そこで、お客様がどのような感じで身近な方に評判を伝えているのか聞いてみました。
また、評判を聞いた後のお客様の行動も合わせて聞いてみました。

・「カットカラーのうまい人がいる!」(女性27歳)
→お店の名前を調べた後、担当の方のページを見る。

・「美容院のセンス、美容師さんの雰囲気がいい!」(女性18歳)
→ネット上で他の方の口コミや施術後のお客様のヘアスタイルを見て、イメージがわけば足を運ぶ。

・「混雑状況、従業員の男女比、価格帯、オススメかを友人に聞いてみた!」(女性24歳)
→ネット上でお店の名前を調べ、場所、営業時間、料金、写真など詳しい情報を確認する。

・「美容師さんの技術、接客態度がいい!」(女性26歳)
→お店を検索して、メニューや営業時間、口コミといった細かい情報を調べます。
※合わせて、「お洒落な内装で雰囲気は良くても、肝心の技術や他がイマイチだと特になにも言いません。」と回答していました。

接客態度がいい話しやすいなど美容師さんに関して評価をされる方が多いみたいです。
また、口コミを聞いた後、ネット上の口コミサイトを介せず、直接、店舗名を検索する方が多いようですね。

これまでに口コミ、SNS、ブログなどで施術後のお客様のヘアスタイルを気にする声が多く上がりました。
やはり、お客様はネットで見知らぬ方の姿を見るよりも身近な知り合いの姿を見た方が、自分に置き換えてイメージがしやすいという気持ちの表れではないのでしょうか?

また、投稿された写真や動画では投稿された部分のみを見ることが可能であり、自分が見たい角度や気になる部分が見られないこともあります。しかし、直接出会える友人であれば、360°好きな角度から好きなだけ確認することが出来ます。友人の口コミで気になった部分があれば、詳しく聞くことができ、疑問を減らすことが出来ます。

これらの事も身近な友人の口コミの方が好まれる理由であると思います。

【その他】ネットを利用しない方法とは?

・ローカル紙に掲載されていた(女性46歳)
 -無料で配っていた。初来店であると安くなるなど詳しく掲載されているので便利。

・他のお店に行く途中に見つけた(女性63歳)
 -どうしてもカットしたときや安くて通いやすいところと考えると行動範囲内であることが多いから。

・いつも通っている道にできた新しい美容院を見る(女性24歳)
 -内装や外装、スタイリストの雰囲気を簡単に知ることができる。看板などが出ていて値段がわかりやすい。

・最寄りで一番安いところ(女性24歳)
 -近いところがいいので、歩いて見つかる位置から探す。

ネットで事前に調べず、お店の外装内装に惹かれ、入店する方も中にはいるみたいですね。
おしゃれな雰囲気のお店は何もしなくても人が集まってくるのでしょうか?

また、いつも日常、風景に新しいものが現れると気になる方が多いみたいですね。
新しく出来た店舗に関しては、店舗の外装を用いて新しさやオープンセールをやるならばセール情報を押し出してみてはどうでしょうか?また、ローカル紙の宣伝、ビラやポスターの紙媒体、HP、ブログ、SNSでも情報を発信する事が出来きます。これらは新しく出来た店舗に限らず、全ての店舗に言える事であると思います。

集客力のある店舗って何だろう?

お客様に対しどんな広報をすれば、興味を示してもらえるのか…気になりませんか?
これまで各広報手段のお客様の反応を調査してきました。しかし、これだけでは終わりません。
各店舗の広報はお客様の目にどう映るのか?更に調査しました。

どういう広報をされるとお店に興味が沸きますか?(複数選択)

~理由~

〈SNS〉
有名人がSNSに載せていれば気になる。(女性27歳)
一番よく利用するツールで目にする機会が多いから。(女性26歳)

〈ポスティング〉
紙ベースだとその店舗の努力、必死さが伝わる。(女性51歳)
実際に家のポストに広告が入っていたら見ることが多い。(女性24歳)

〈ネット広告〉
ポスト系や電話系は嫌いな人も多いので、印刷費をネット広告費にあててほしい。(女性24歳)
ふとした時に見るのであれば興味をもつと思う。(女性24歳)

〈ブログ〉
お店の日記のようなものだから。(女性40歳)
ブログで時間をかけて記事を書いている方が、そのお店のスタッフの人柄がわかりやすいから。(女性29歳)

〈その他〉
・モデルさんをカット(女性22歳)
 -自分のこうなりたいに合うかをチェックしやすく、興味が湧くから。

どういう情報が訪問するお店の決め手になると思いますか?(複数選択)

~理由~

〈口コミ〉
口コミは自分と近い感覚だと思えるから。(女性24歳)
初めて行く美容室の場合は、良い評価が多いと安心できるので。(女性26歳)
書き込みされたなら、それだけ感動・印象に残ったということだと思う。(女性24歳)

〈友人〉
友人の口コミが一番信用できる。(女性27歳)
本当におすすめだから伝えてくれたため、一番信頼できる情報なので訪問したくなる。(女性24歳)

やはりネット上、友人の口コミを大切にする人がほとんどのようですね。
店舗が店舗自身を紹介するものはお客様に見られます。しかし、お客様側からすると、お客様の声が一番身近で、参考になり、一番安心するようです。

最後に、施術後のお客様は各店舗のどの部分に感動するのか?調査してみました。
感動する点や基準が分かれば、ネット上や友人を介し、口コミで有名になれるかも…

訪問してよかったと思うお店の特徴は?(複数選択)

~理由~

〈接客態度〉
接客態度が良いところだと、自分の要望も伝えやすく、仕上がりに満足いくことが多いので。(女性26歳)

〈雰囲気〉
店内に一歩入ったときの雰囲気が大切だと思う。(女性24歳)

〈清潔〉
髪を触ってもらうので清潔であるかはかなり重要です。(男性26歳)

〈金額〉
結局は安くて技術が高いところがいい。(女性25歳)

〈メニューの豊富さ〉
納得のいくカラーで割引とかあるとまた行こうと思えるから。(女性19歳

〈おしゃれ〉
センスが大事なのでおしゃれは大事だと思います。(男性26歳)

〈その他〉
・すべて(女性46歳)
 -お店の雰囲気に場所が分かりやすく、店舗の中も整理整頓され綺麗で、スタッフも気さくで値段もリーズナブルならこれこそ、リピーターにならない理由はありませんね。

図にある項目を全部満たしていればそれに越したことはないのですが、最低限、上位3つをクリアしている必要はあると思います。接客で「この美容師さん嫌だな」「この美容師さん怖い」などマイナスイメージを持ってしまわれると、取り除くのに時間がかかります。さらには、もう二度と店舗に来てくれない可能性もあります。

中には…
カットしながら話しかけられるのがいや。(女性63歳)

中には初対面の人に話しかけられるのが嫌だというお客様もいらっしゃいます。おしゃべり好きな方には積極的に話しかけたり、席に着き、持ち込んだ雑誌を読み始めたり、を始める方には控えめに話しかけてみたり、無意識のうちにお客様一人一人にあった接客を行うことができれば、それほどに気にすることでもないと思います。

アンケート調査を通じて感じたこと

1件口コミがたくさんのお客様を呼ぶ

今回調査をしてみて、口コミの重要性を改めて知りました。ネット上から収集する人もいれば、身近な友達から収集する人もいる。口コミは、お金がかからない割に多くの利益を生み出すことのできる、(うまく集めることができれば)最高の手段だと思います。

1人のお客様の口コミを見て、複数のお客様が来店される。来店してくださった方が、口コミを書いていただき、更に多くの方が来店される。口コミのおかげでこの流れができることが多くあると思います。

お店の質の向上が口コミを増やす最善の方法

お店の雰囲気づくりや接客態度に関するスタッフの研修、技術の向上などで、お客様が感動する。そして、口コミを書いてくれる。やはり、美容師さんの細やかな気遣いに感動するお客様は多くいるようですね。このようなサービスを提供できるように工夫することが大切だと思います。

お客様に合ったお店作りをするなら、意見箱を設置してみてはいかがでしょうか?
「こういう料金プランがほしい」などお客様がどんなサービスを求めているのかを知るきっかけになると思います。

HPには説明、時間、金額、場所、雰囲気の情報を必ず載せよう

また、同時に、店舗情報を伝えるための広報手段を整える必要があると思います。
口コミでお店の名前を知ると、お客様はまず始めに店舗のHPを検索するはずです。店舗が発信する情報は正確であるため、安心してみてくれるお客お客様が多くいらっしゃいます。

HPに掲載されている情報量が多く、複雑な作りになっているとどこを見ればいいのか分からなくなってしまうお客様が出てきてしまいます。また、仮にHPが存在しても、更新日時が古すぎたり、知りたい情報が載っていなかったりすると、不安になってしまうお客様がいるようです。そのため、最低限、「お店の説明」「営業時間」「料金プラン」「場所アクセス」「内装」の情報を最低限掲載することをお勧めします。

追加で「お客様のヘアスタイル」等の美容院のよさを伝えられるような情報を載せられるとよりよいと思います。情報量を増やす際はサイト内MAPをうまく活用し、どこを見ればよいのかが一目でわかるように整理してみましょう。

上手なSNS活用で魅力度UP

更に、店舗情報を気軽に発信できるツールFacebook、Twitter、Instagramやブログなどうまく活用できると多くの人の目に留まることができます。
各ツール特徴があるので、簡単に振り返ってみましょう。

SNSにはそれぞれの利点、欠点がある

Facebook:ビジネス系。1日に何度も投稿するのには向いていない。ある程度面識のある友人が友達になることが多い。

Twitter:一言系。なにか面白い情報を発信する際に向いている。情報がオープンになる。

Instagram:写真系。多くのハッシュタグを用いることで、検索に引っかかることが多くなる。

ブログ:日記系。1日に何度も投稿するのには向いていない。また、毎日投稿するのにはかなり労力と時間がかかる。

それぞれ利点と欠点を持っています。Twitterのアカウントを持っていても、Instagramのアカウントは持っていないのようなお客様もいらっしゃるので、それぞれのツールを相互に利用し合って、ブログの更新情報をTwitterに投稿するなど、より多くのお客様の目に入るよう仕組み作りをしたいですね。

更に、Twitterならリツイート、Instagramならハッシュタグ機能などを用い、今まで伝えることのできなかった方へのアプローチも、可能です。短時間で店舗側の情報発信することに関して効果的ですが、無理そうなら逆効果になってしまうこともあるので要注意です。頻繁に更新されていると、お客様は安心します。

しかし、めったに更新しないようだと、「この店舗は大丈夫なのだろうか」と心配されてしまうこともあります。店舗に余裕がある際に広報手段として用いましょう。

お客様が求める面白い集客方法って何だろう?

最後に、店舗に合ったことを意外なすることで思わぬ集客につながるかもしれないですね。
例えば、住宅街にある店舗は周辺のおうちにクーポン付のビラをポスティングしてみる、都会の有名な土地にある店舗は多くの人の目に留まるように外装や内装に力を入れるなど、できることはたくさんあるはずです。

また、他店舗にはなかなかないようなイベントを行うのもいいですね。
例えば、Instagramを行っている美容室が増えていることからストーリー限定のクーポン配布を行ったり、ポイントカードを作成してくれた方限定の立食パーティーなどを行うなど、お客様が気軽にお店に来てくれる、楽しめるような場を設けてみるもの良いと思います。

この記事を見てくださった方はさっそく実行してみてください!思い立ったらすぐ行動ですよ!

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。

cocoを導入することで、ネット上に書き込まれる口コミの数が増え、結果的に訪問されるお客さ様が増えたという店舗が実際に複数あります。店舗自体が行うべき広報、雰囲気作りの他に、cocoを導入してはいかがでしょうか?口コミが増えれば、きっと他の店舗と差をつけられます!

次回もお楽しみに!