いつもcocoをご利用いただき、誠にありがとうございます。

cocoを利用して下さっている店舗の皆様はどのようにどのタイミングで口コミ依頼を行っていますか?
口コミ依頼を工夫するだけで、レビューを書いてくださるお客様が増えるかもしれません。

目次

・口コミ依頼のタイミング
・口コミが集まらない!
  -注意:口コミは全員が書いてくれるわけではない
  -依頼するのが恥ずかしい
  -退店されたあとに依頼
  -改善策:下敷き
・口コミ依頼はコミュニケーションにつながる
  -指示がお客様に伝わりやすい
  -コミュニケーションにつながりやすい
・さいごに

口コミ依頼のタイミング

cocoを導入して下さっている皆さんは、サービスを利用したお客様へどのタイミングで口コミ依頼を行っているのでしょうか?

おそらく、ほとんどの店舗さまがお会計前後に行っていると思います。
ただ、サービスを利用したお客様1人1人、全員へ口コミ依頼をしている訳ではないようです。

例えば、店内の雰囲気を大事にしている店舗では、全員に無差別に依頼を送信していません。「初回のお客様は避ける」「常連のお客様を中心に依頼を行っている」などの配慮や工夫を行っているようです。

口コミが集まらない!

継続的にcocoで口コミ依頼を行っているのにも関わらず、レビューがなかなか集まらないと焦っていませんか?

焦る必要は決してありません!
一度、依頼の状況を振り返って、原因を考えてみましょう。

注意:口コミは全員が書いてくれるわけではない

まず始めに、レビュー獲得数と口コミ依頼数の関係を頭に入れておきましょう。

先日、投稿した記事の中に「レビュー獲得数は口コミ依頼数の20%の目安」という内容があります。以下の記事が参考です。詳しい内容は記事を確認してみて下さい。

【新機能】目標設定機能を活用して継続的に口コミ依頼を行おう!

いくら依頼の仕方を工夫しても、口コミを書いて下さらない方は必ずいらっしゃいます。そのため、「依頼をしたお客様の半分も書いてくれない!」と焦る必要は全くありません。

そのため、「レビュー獲得数は口コミ依頼数の20%の目安」を常に頭の中に入れておくとよいと思います。これよりも多い割合でレビューが獲得できているのならば順調に集まっていると言えます。そのペースを維持できるようにcocoを活用、依頼をし続けてみてください!

依頼するのが恥ずかしい

「初めて来店されたお客様に依頼するのは嫌」
「常連さんにお願いするのは何だか今更感があって嫌」

などの気持ちがあり、直接口コミをお願いすることをためらっていませんか?

仕方のないことだと思います。

ただ、工夫1つで自分がお客様へ依頼をする際の気持ちが楽になるはずです。
以降に述べますが、cocoでは口コミ依頼の説明を簡単にするために下敷きを作成しています。
お客様の目につく場所に貼っておけば、お客様も来るのかな?と身構え、依頼する店舗のスタッフも頼みやすくなるのではないでしょうか?

退店されたあとに依頼

「サービスを利用されたお客様が帰宅されてから、依頼を思い出し慌ててメールを送信」という経験はありませんか?

cocoではサービスを利用してすぐのお客様に書いていただくことを勧めています。

実際に、口コミ依頼をお客様が帰宅した際に送っている店舗があります。しかし、口コミを書いて下さるお客様は少ないばかりか、メール自体未開封のまま無視されてしまうことが多いようです。

上記の例のように、お客様が帰宅された後に依頼を送っても口コミを書いてくださることは少ないようです。

改善策:下敷き

cocoを利用して下さっている店舗の皆様から「口コミ依頼を簡単にするための媒体がほしい」という声をいただきました。そのために、この下敷きが誕生しました。

こちらはcocoを導入して下さっているstance様専用の下敷きです。

cocoを導入して下さっている店舗で注文を受けております。
それぞれの店舗に合わせたデザインでの作成も受け賜わっております。ご要望があれば、お気軽にお問い合わせください。

この下敷きをポスター代わりに店内に掲示しておくだけでもお客様が見てくださるかもしれないですね。
また、cocoの使用法を説明する際にも、これを活用し簡単に説明をすることができると思います。

口コミ依頼はコミュニケーションにつながる

口コミ依頼を「直接」行うことで生じるメリットは何があるのでしょうか?

指示がお客様に伝わりやすい

cocoの操作は確かに簡単です。しかし、一概に「簡単」とは言っていても、どうしても操作方法が分からないお客様もいらっしゃるようです。

せっかくお客様が口コミを書こうとメールを開封、確認してくださったのに、操作方法が分からないので断念されてしまってはもったいないですよね。

「口コミお願いします」とお願いし、その場で操作の説明をした方が
・その場で書いてもらうための動機づけになる
・帰宅後に操作しても操作方法が分かる

このように口コミの存在を知ってもらう、記入方法を確認することが出来ます。これは結果的に口コミ収集に繋がると思います。

コミュニケーションにつながりやすい

上記の例でも述べましたが、口コミを直接お願いすることはコミュニケーションにつながります。

ただ、口コミ依頼をいきなりお願いするのも抵抗があると思うので、始めにお客様のことを知ろうと話しかけると思います。これもコミュニケーションの一つです。

cocoでの口コミ依頼は、お会計前後の時間で「口コミをお願いします」と一言添え、口コミを書くための手順を教えている店舗が多いようです。

・お客様とたわいのない話をするついでに口コミ依頼もできる
・お客様と口コミ依頼をするついでにたわいのない話もできる

順番はどちらであってもお客様との積極的なコミニュケーションに繋がると思います。

さいごに

cocoでは店舗のみなさまにとって使いやすく便利なサービスを目指しています。

cocoの機能だけではなく利用している際にほしいと感じた道具(今回の記事では下敷き)など、何かあればお気軽にお問合せ下さい。

ぜひcocoをうまく活用し、たくさんの口コミを集め、集客力アップに繋げてみてくださいね!