今回は、開業してから30年以上紹介のみで集客していた平野整骨院様がcocoを導入した理由と、導入してからの変化についてお伺いしました。coco導入後は、さっそく新規のお客様が増え、口コミも常連さんとのコミュニケーションに役立っているそうです。平野先生のこれまでの歩みや今後の目標、cocoに期待することなどもお聞きしてきました。

今回、話をお聞きした平野整骨院の平野先生です。

目次

1. 平野整骨院の特徴を教えて下さい
2. 紹介だけで30年以上続けてきた治療院がcocoを導入した理由
3. coco導入後、初診のお客様が増えつつある
4. 口コミが常連のお客様とのコミュニケーションツールに
5. cocoは整骨院などに絶対向いている
6. まとめ(平野さんより推薦動画があります!)

1. 平野整骨院の特徴を教えて下さい

-平野先生が今の道を志したきっかけを教えてください
平野 実は僕、子供のころにぜんそくやアレルギーを持っていました。それであちこち行きましたが、どこに行っても治りませんでした。当時の僕もそうですが、大抵そういう症状をもった患者さんたちは、病院で治療を受けても「変わんないよ」、「治らなくても症状抑えられたらいいよ」と治ること自体をあきらめていました。でもたまたま今の師匠である宮野先生(宮野治療院院長 宮野博隆氏)とご縁があって、治療してもらったら半年から一年くらいで良い状態になりました。それで、私自身も同じように患者さんを治したいと思い、この道に入りました。

-平野整骨院さんのコンセプトや特徴について教えてください
平野 CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)という技術を施術しています。脳脊髄液の生産と循環を良くして健康になっていただく施術です。宮野先生とは師匠と弟子ですから、同じ方針で、やはりどこに行っても治らないような難しい人を治すのが当治療院のコンセプトです。自分で治らないと思い込んでいるような患者さんに、医療とはもっと信じられるものであると伝えていきたいと思っています。

-どこに行っても治らないような難しい方がメインのお客様なのですか?
平野 口コミをご覧になるとわかると思いますが、症状の重いお客様が多いです。中には医療関係のお客様もいらっしゃいます。ただ僕は整骨の学校にもいきましたので、保険が使える整骨院ということで近所の方々もたくさんいらっしゃいます。でも基本がカイロプラクティック、つまり脳脊髄液の調整なためか、揉み方・押し方がやはり違っているのだと思います。開業したてのころから、整骨院なのに風邪の患者さんが30人きました。保健所から「風邪の治療をしてはいけない」と苦情をもらったこともあります。自然に「あそこに行くと楽になるよ」と言われるような揉み方や押し方をしているのでしょうね。

2. 紹介だけで30年以上続けてきた治療院がcocoを導入した理由

-coco導入前まではどのように集客されていましたか?
平野 全てお客様の紹介です。私たちの時代は「1人治すと50人の患者さんが紹介されて来院される。でも、1人の患者さんをだめにすると全部失ってしまう。」と厳しく教えられました。おかげさまで評判を聞きつけて、開業したときから3ヵ月先まで予約がいっぱいの状態でした。遠くの県からこられるお客様も多いので、最初は「あそこ何やっているんだろう? なんでいつも贅沢な車が止まっているのだろう。」とご近所の方から怪しまれたようです(笑)。集客については順調でそのままトントン拍子でここまでやってきました。

-お客様が順調に集まっているのにcocoに興味を持たれたのはなぜですか?
平野 そうは言っても時代が徐々に変わっているのは感じていました。師匠の宮野先生もいまはHPだとおっしゃるし、この地域も過疎が進んで空き家が増えています。僕は良い時代に業界に入ったことと、特殊な技術を持っていたおかげでこれまでスムーズだったのですが、いまは時代が難しくなっています。私自身も不安を感じていたところ、宮野先生のセミナーの際に高橋さんからcocoをご紹介いただきました。

-ちょうどタイミングが良かったんですね
平野 はい。息子がいま同じ道を目指しており、もう一緒に5年間やっています。自分の代で終わるのではなく2代目に事業を繋いでいくために、いろんなジャンルの新しいお客様に来院してもらいたいと思ったのも理由です。やっぱり古い先生と新しい先生では差があるじゃないですか? 2代目の苦労というのはあると思うんですよ。いまも患者さんに「先生がぼけちゃうまでに上手くなって」とプレッシャーをかけられています。だから、こういうツールで患者さんたちが若い先生のことを知ってくれたらいいなと思いました。新しいお客様を増やしたり、息子メインで診てもらいたいお客様を増やしたりするのに、cocoがすごくいいなと思いました。


これからの店舗経営を考えるためにcocoを導入してみましょう。
詳しい内容はこちらからご覧下さい。

3. coco導入後、初診のお客様が増えつつある

-coco導入後、お客様は増えていますか?
平野 初診のお客様が増え始めていると感じます。これまでうちの治療院のお客様は、全部誰かのご紹介だったのですが、最近はHPを見てというお客様がいらっしゃいます。まわりに整骨院がたくさんあるのに、わざわざカイロプラクティックを受けにここまでくるお客様はおそらくHPの口コミを見ているんじゃないでしょうか? ただお恥ずかしい話、今までずっと順調にきたものだから、他の先生みたいに新しいお客様が今月は何人きたとか調べたことが一切ありません。

-一切調べたことがない! 実はGoogleマイビジネスのアクセス数はかなり増えています。そこからHPにとぶのだと思いますが…。
平野 はい。計測はしていないのですが、初診のお客様はわかります。また、話をお聞きすると、紹介かどうかも分かります。HP経由のお客様はたしかに増えています。

-口コミの質が良いというか、長い文書を書かれるお客様が多いですね
平野 うちの患者さんは長く通っているお客様が多いので「簡単な口コミでいいです。」とお伝えしても「いや、もう長いから簡単には書けない。書くんだったらちゃんと書くよ。」と言ってくださいます。そして、みなさん丁寧に書いてくださいます。我々の治療は、脳脊髄液を増産させますので、いま辛いところが治るだけでなくて、治る過程で違う辛いところが出てくることもあります。口コミにも、治療加えたらここは痛くなくなったけど、次の日にはこっちが痛くなった、あっちが痛くなった、本当にこれで治るのかと思ったけど、気がついたらすごく良くなったと経緯を全て書いているお客様もいらっしゃいます。そういった深くて詳しい内容の口コミが、新しくいらっしゃるお客様の参考になっているのだと思います。

4. 口コミは常連のお客様とのコミュニケーションツール

-口コミは、どんなタイミングで依頼していますか?
平野 土曜日は遠くからこられるお客様が増えるため、1時間に5~6人診ることになります。だから、つい平日の常連さんに口コミをお願いするかたちになっています。初診のお客様は3~4回目くらいで「先生ゴッドハンドです。長年辛かったのに楽になっちゃいました」と言ってくださるお客様がいます。一方、スーと帰られてしまって、頼むタイミングを逃してしまうお客様もいます(笑)そのときパッと頼めるといいのでしょうね。これからは勇気を出して新しいお客様にも積極的に依頼してみようと思います。

-cocoを導入して良かったことは何だと思いますか?
平野 圧倒的に良かったのは、口コミのおかげで患者さんとのコミュニケーションがより深くとれるようになったことです。実は僕らも、患者さんが当初、苦労して辛かったころのことを忘れがちなんですね。でも口コミを見ると改めて「ああ、そうだったね」と思い出します。みなさん結構いろんなこと思ってくださると感じながら、患者さんとお話できるようになりました。患者さんと親密感が増した気がします。これが一番良かった点です。

-cocoの機能で良いと思う部分は何でしょうか?
平野 口コミがGoogleに残るのはとても心強いです。他の口コミサイトだと、サイトがなくなったり、書いたものが消えたりする心配があります。また、うちもHPはありますが、これは2011年の震災後、連絡がつかない人のために無料HPサービスで作ったもので、それに頁数を増やしたものだからどうもゴチャゴチャしています。SEO対策なども苦手だからできていなかった。cocoがそういうHP対策の一つになっていると思います。

-逆にcocoのご利用中に困ったことやご不満な点はありましたか?
平野 うちの常連さんは年齢層が高いので、スマートフォンではなくガラケーしかもっていないお客様が意外と多いです。ガラケーでもSMSリンクを開けるのですが、内容を見ることができません。50代くらいの男性でも「妻はスマホ持っていますけど私はガラケーだけ」というお客様がたくさんいらっしゃいます。まだこんなにガラケーが使われているのかとショックでした(笑)ガラケーでも口コミが書けるとよいのですが、これはまだ無理でしょうか? 

-ガラケー対応は、時間がかかりそうです。いまGoogleに書けない人のために、紙に口コミを書いてもらって、それを写真にとってアップロードする機能をつけようと考えています。
平野 それはいいですね。それなら書いてくれるお客様がたくさんいいらっしゃると思います。紙を写真にとってPDFに変えることもできますものね。

5. cocoは整骨院などに絶対向いている

-cocoはどんな店舗におすすめだと思いますか?
平野 整骨院のように短期間で治っていくお客様が多い治療院に特に向いていると思います。私も整骨院メインでやっていたときは1日100人くらい診ていましたが、ケガというのは基本的に短期間で治ります。そういう人は良い口コミを書いてくれるでしょうから、口コミ数が爆発的に増えると思いますね。

-これからの平野先生の目標を教えてください。
平野 私がこの道に入ったばかりのころ、師匠は私に二つのことを提示してくれました。一つは本当に相手を治そうと思って、本当の説明をしていくと、医者とケンカになるかもしれない。医者とケンカをしても真実を貫きとおすのだったら、つまり自分(宮野先生)と同じような生き方をするのなら、食いっぱぐれはないけど辛い思いをする。もっと楽な生き方もあると思います。ただ自分は開業して32年、業界に入ってから40年以上たちますが、ずっと師匠である宮野先生の後を追いかけてきました。要はああいう先生になりたいんです。僕もこれまで弟子が6人開業していますが、そんな生き方をできたのは目標がパーフェクトクラニオロジー協会の宮野博隆だったからです。そうなると、目標はやはり宮野博隆なんですね(笑)。

-ありがとうございます。今後は宮野先生のように次の世代を育てつつ、ご自分の技術も磨かれていくということですね。
平野 はい。最初のころは治せる先生になりたいとか、食える先生になりたいとかありましたけど、それは僕、多分結果だと思うんです。一生懸命やっているうちにここまできました。素晴らしい先生に出会って懸命にただ勉強して、治らない患者さんを治したいという思いだけでした。それは、最初に出会った先生が僕にとって、とてつもなく大きい存在だったからだと思っています。

整骨院において集客にお悩みの方へcoco

6. まとめ(平野先生より推薦動画があります)

いかがでしたでしょうか? 平野様は自分自身の技術の向上を重ねながらも、将来的な息子さんへの事業継承を意識してcocoを活用し始めました。結果、初診のお客様を増やしたり、常連のお客様とより深いコミュニケーションをとれたりできるようになりました。Googleの口コミは半永久的に残る資産です。ぜひ皆さまもcocoをいろいろな用途で活用し、事業に活かしてみてください。

【住所】神奈川県横浜市港南区芹が谷3丁目23−16
【TEL】045-824-3466
【営業時間】
  月曜日 9時~12時 14時~18時
  火曜日 9時~12時 14時~18時
  水曜日 9時~12時 14時~19時20分(最終)
  金曜日 9時~12時 14時~18時
  土曜日 9時~12時 14時~15時30分(最終予約時間)
【休診日】 木曜日、日曜日
https://hiranoseikotuin.jimdo.com/