日頃からMEO対策やSEO対策を行ってる方はアルゴリズムを聞いたことがあるかもしれません。

対して、全く聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。

アルゴリズムSEO対策MEO対策必須と言っても過言ではないです。聞いたことがある方もない方も、アルゴリズムの仕組みを理解しましょう!

目次

・アルゴリズムは主に掲載順位に変化をもたらす
・アルゴリズムのアップデートが起こるとどんな影響が起こるのか?
    -掲載順位が変化する
    -大幅なアップデートでは多くのサイトが影響を受ける
    -小さいアップデートでも該当のサイトは影響を受ける
・アルゴリズムとSEO、MEOの関係
・まとめ

アルゴリズムは主に掲載順位に変化をもたらす

Googleのアルゴリズムは、検索順位を決める仕組みです。Googleではユーザーの使いやすさを最優先に考え、順位決定を行っているようです。

Googleではウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)のようにSEO対策の手助けとなるような情報を公開しています。アルゴリズムのアップデートが行われた際は、随時項目が書き加えられていくと考えられます。

順位決定は、サイトのPV数やテキストの内容、被リンクなど様々な要因からGoogleが分析し、行っています。そのため、不正に順位を上げようとするサイトが現われないように、アルゴリズムをアップデートし、対策を行っています。

アルゴリズムのアップデートが起こるとどんな影響が起こるのか?

Googleのアルゴリズムは絶えず変化しています。アルゴリズムのアップデートが行われると目に見える変化は起こるのか、紹介いたします。

掲載順位が変化する

上記で、アルゴリズムは検索順位を決定する仕組みと述べました。そのため、アルゴリズムがアップデートされると、順位の変動が起こります。

アルゴリズムは検索順位の決定に関与することは明文化されているものは、Googleヘルプやサポートのサイトに公開されています。また、Googleが運営をしているわけではありませんが、これまでのアップロード内容をまとめているサイトも存在します。

何故、順位が変動するのかについて、詳しい内容は下記で述べています。

大幅なアップデートでは多くのサイトが影響を受ける

ある日、Googleで大幅なアップロードが行われ、検索結果に大きな影響を及ぼしました。

大幅なアップロード以前では、不正に順位を上げようとするサイトが多かったように感じます。例えば、不適切なキーワード量、リンクの売買が行われていたりしました。それらの不正行為を取り締まるため、Googleではアップロードを決行しました。

“パンダアップデート”や”ペンギンアップデート”に関して一度は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

パンダアップデート

一言でいうと、低品質なサイトを取り締まるためのアップデートです。

パンダアップロードが行われる前は、キーワード含有率が多くてもコンテンツの内容がなく、ユーザーの役に立たない悪質なサイトが検索結果の上位に来ている場合は多かったです。一方、ユーザーのために作成された良質なサイトが、下位にあるという状況が多く起こっていました。

ペンギンアップデート

一言で言うと、悪質なSEO対策を行っているサイトを取り締まるためのアップデートです。

ペンギンアップデートが行われる前は、リンクの売買や不自然なキーワード量、隠しテキストなどを行っているサイトが多く存在しました。

上記2つのアップロードが行われてからは改善され、検索順位がより信用できるようになりました。また、不正を働いていたサイトはペナルティを受け、大幅に順位を落としたり、検索順位から抹消されたりしています。

このようなペナルティを受けたくないのならば、不正を働かないことが無難です。正攻法で計画を立て、コンテンツ作成を行えばわざわざ不正を行う必要はないはずです。

最近のアップデート

直近の予告ありでのアップロードは2018年4月に行われた、「スピードアップデート」です。これは、訪問者は疑問を早く解決したいと考えていることから、ページの読み込み速度は早いほうがいいという考えです。

上記で紹介したウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)ページでも、訪問者の項目に加えられています。

ページの読み込み速度が速いと検索順位に優遇されるようになりました。対して、ページの読み込み速度が極端に遅いサイトは順位の大幅な下降が行われます。ページの容量が重いサイトは一度見直してみてもいいかもしれませんね。

小さいアップデートでも該当のサイトは影響を受ける

Googleの検索結果に影響を及ぼすのは大きなアップデートだけではありません。Googleにおいて毎日のように改良が行われており、大規模なものから告知されない小さなものまで様々なアップデートが存在します。

小さなアップデートも該当するサイトに関しては影響を受ける可能性があります。
例えば、「美容院」や「整体」など業界について制限されたアップロードが挙げられます。

名前がついていなく、アップデートに気付かない場合もあると思います。もしも、自分の業種について大幅な順位変動が起こった場合に関しては上記の例のアップロードを参考しにしてみてはいかがでしょうか?

他にも、全員が該当していなくても、該当者のみに適応されるアップロードは多くあると考えられます。急な順位変動が生じても、慌てず、下記に示す対処を行ってみてはいかがでしょうか?

アルゴリズムとSEO、MEOの関係

上記でも述べたように、アルゴリズムは日頃からアップロードされています。

SEO対策やMEO対策をし、常に上位を占めるサイトがあるとします。このサイトでもある日を境に順位が落ちてしまう状況になり得ます。順位下降の影響は、SEO対策やMEO対策を徹底することが出来れば、事前に防いだり、最小限に抑えることが出来るのではないでしょうか?

もしも、あなたのサイトに順位変動が起きた場合、アルゴリズムのアップデートの影響である可能性もあります。数日間観察、分析した後、テキストの内容を更新したり、誤字脱字があれば修正したり、取るべき手段を取れば、順位は回復するはずです。

このように、検索順位が命であるSEOやMEOではアルゴリズムと密接な関係があることが分かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アルゴリズムの仕組みを理解し対策を行うことで、Googleで上位表示されるコンテンツが作成できます。結果的にSEO対策やMEO対策に繋がるのではないでしょうか?

アルゴリズムは絶えずアップロードされていきます。アップロード後の順位変動に負けないために、日頃から分析をすることが大事です。アップデート後の順位下降を放置しては、決して順位の上昇は起こりません。

今回は前半でアルゴリズムの仕組みについてお伝えしました。次回の後半ではアルゴリズムに評価されるためのコンテンツ作りのコツをお伝えします。