Googleマイビジネスは、Googleが提供している無料の集客ツール(https://www.google.co.jp/intl/ja/business/)です。
Googleアカウントを持つ店舗さまであれば誰でも利用可能なサービスです。しかし、経営者の方々からGoogleマイビジネスに登録した覚えがないのにGoogleマップ上に店舗情報が掲載されている、という声をいただくことがあります。

これはGoogleによる、Googleマイビジネスの自動生成であると考えられます。
今回はGoogleマイビジネスの自動生成や登録の確認方法、掲載情報の修正方法についてまとめました。

目次

・店舗の情報をネット上に登録できる!
・Googleマイビジネスの登録の有無を確認
    -ナレッジパネルが表示された場合(登録済みの場合)
    -ナレッジパネルが表示されない場合(未登録の場合)
・Googleマイビジネスの情報は自動で変更される場合がある
・Googleによる変更の箇所は色で区別される
・情報の修正は速やかに行うべき
・Googleマイビジネスを有効活用しよう!

店舗の情報をネット上に登録できる!

Googleマイビジネスとは、店舗名やサービス名をGoogle検索した際、GoogleMAP上にそのお店の情報や画像などを表示させることができるサービスです。
例えばお客さまが「ヘアサロン 渋谷」とGoogle検索すると、渋谷区周辺のヘアサロンの情報が表示されます。

Googleマイビジネスに登録していれば、詳しい所在地や営業時間、外観の画像などの店舗情報がGoogleMAPとともに表示される仕組みです。

お客さまがスマホなどで検索して店舗やサービスを探す際、位置情報やルート、詳しい店舗情報などをタイムリーに確認することができます。そのため、実店舗である方がWeb集客としてより有効なツールと成り得ます。

店舗の口コミも同時にチェックできるため、ご来店やサービスの利用をスムーズに促すことができる、集客に非常に効果的なサービスといえるでしょう。

Googleマイビジネスの登録の有無を確認

まずはGoogleマイビジネスの登録の有無を確認します。
Googleで店舗名を検索し、検索結果の右側に店舗情報が表示されるかどうかを確認してみてください(この情報が掲載される箇所をナレッジパネルと呼びます)。

ナレッジパネルが表示された場合(登録済みの場合)

検索結果やGoogleMAP上にナレッジパネルが表示されればGoogleマイビジネスは登録済みです。

ただし、Googleマイビジネスを登録した記憶がないのにGoogleMAP上でナレッジパネルが表示されているというケースもあります。これは前述したように、GoogleMAP上で住所があるお店や会社の地図情報をもとにGoogleが自動生成したと考えられます。

では、Googleマイビジネスが自動生成されたかどうかはどのように見分けたらよいのでしょうか。

オーナー確認の有無が自動生成かを見分けるポイント

Googleマイビジネスには店舗の写真や所在地、電話番号などが表示されています。

電話番号の下あたりに「ビジネスオーナーですか?」という文字が表示されているか確認してください。表示があればビジネスオーナーの確認ができていません。これは、Googleが自動生成したものと考えてよいでしょう。

ビジネスオーナーの申請方法

ビジネスオーナーが未確認の場合は、ご自身がオーナーであることをGoogleに申請しましょう。

第三者がビジネスオーナーになりすまし、勝手に店舗情報を書き換えるケースも考えられますので、できるだけ早く申請することをおすすめします。

以下の手順にて申請・登録を進めましょう。

1.「ビジネスオーナーですか?」をクリック
「ビジネスオーナーですか?」をクリックすると「ビジネス名を入力してください」の表示が出ます。正しく入力し、利用規約へ同意し「次へ」に進みます。

2.店舗情報の入力、オーナー確認
店舗情報を登録するにあたり、所在地や電話番号など画面に沿って必要事項を入力しましょう。入力後、ビジネスを管理する権限を持っているオーナー確認の手続きを行い、利用規約に同意して続行します。

3.確認コード受け取り方法の選択
Googleマイビジネスの登録をするのに必要な「確認コード」の受け取り方法を選びます。
確認コードの主な受け取り方法は、

・ハガキでの郵送
・電話での通知

があります。

しかし、店舗によってハガキ通知のみしか選べない場合や、その他の選択肢が表示されていることがあります。その場合は画面上の指示に従い、適切な確認方法を選択して手続きを進めてください。

4.確認コードの認証
確認コードが取得できたら、Googleマイビジネスにログインし、確認コードを入力します。認証されると、正式にそのビジネスのオーナーとして認められたことになります。

ナレッジパネルが表示されない場合(未登録の場合)

GoogleMAP上にナレッジパネルが表示されない場合は、Googleマイビジネス自体が未登録であることを意味します。

Googleマイビジネスのページ(https://www.google.co.jp/intl/ja/business/)へアクセスし、Googleマイビジネスの登録をしましょう。

Googleマイビジネスの情報は自動で変更される?

すでにご自身でGoogleマイビジネス登録をしていた場合、またはビジネスオーナー登録が完了した場合は店舗情報の変更や写真の共有、投稿が可能です。

ただし閉店や営業時間の変更など、修正すべき店舗情報がユーザーより報告された場合にはGoogleが自動で情報を修正し「Googleによる変更」というステータスで表示されるようになっています。

Googleによる変更の箇所は色で区別される

Googleによって情報が変更された箇所は、色で区別されています。

オレンジ: Google が新しい情報を追加した場合
オレンジ: Google が情報を削除した場合
: Google が情報を置き換えた場合
黒(または白): Google による変更なし

以下が参考画像です。

通常通り、黒文字のみで表示されていない場合は、Googleによる情報修正が行われた証拠です。以下の手順に従って、情報の更新を行いましょう。

情報の修正は速やかに行うべき

Googleにより自動生成された情報に誤りがある場合は、すみやかに情報を修正しなくてはなりません。修正する場合は修正したい項目の横にある鉛筆のアイコンをクリックし、編集しましょう。

Googleアカウント内の「すべての変更を承認」ボタンを押せば承認となり、文字表示が黒色に変更されます。

Googleによる情報修正が行われていた場合は、誤りがなくても、情報の更新を行うことおすすめします。

Googleマイビジネスを有効活用しよう!

いかがでしょうか。
Googleマイビジネスがweb集客において、非常に効果的なサービスであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

まずは、ご自身がGoogleマイビジネスのビジネスオーナーであることを確認するべきです。オーナーではない場合はできるだけ早くオーナー登録・申請を行いましょう。

またGoogleのシステム上、ナレッジパネルの情報が自動で生成・更新される仕組みになっているため、常に正しい情報が保たれているかこまめにチェックすることも大切です。

集客をしたい店舗さまとお客さま双方にメリットがあるGoogleマイビジネス、これからもどんどん活用していきましょう!

参考:Googleによる変更を管理する Googleマイビジネスの登録内容が自動的に変更された場合の対応法