目次

・MEOのメリットや活用方法とは?
・MEO対策は実店舗限定!
・MEO対策は『Googleマイビジネス』を利用する
・MEO対策を始めるならいますぐ!
・集客力をあげたい店舗はまず行動すべし

MEOのメリットや活用方法とは?

SEOについて、一度は聞いたことのある店舗の方が多いと思います。
SEO対策は非常に大切です。しかし、検索結果上位に表示されるための作業量や金額は非常に膨大なものになります。

その一方、MEOについて聞いたことのある店舗は少ないのではないでしょうか?
また、事業者の方でも何をどう対策すれば良いのかわかっていないことがまだまだたくさんあり、おざなりになりがちな分野でもあります。

だからこそ、実店舗を持っている方にとってはSEOをはるかに上回り、売上がぐんっと上昇する、結果的に検索結果順位でも一位を取りやすい対策方法です。

MEOについて一から知りたい方、具体的なメリットや活用方法については以下のページが参考になるかと思います。

MEO対策の基本!Googleマイビジネスの活用方法。

集客効果が見込めるような具体的な対策も記載しています。
詳しくは記事をご覧ください!

以下では、何故MEO対策が実店舗に有効なのか、MEO対策を行うとどんな効果が見られるのか、などを分かりやすく説明しています。では、次に行きましょう!

MEO対策は実店舗限定!

SEO通常検索で上位に表示させることを目的としています。一方、MEO地図検索で上位に表示させることが目的です。

「場所+業種名」(例:目黒 ラーメンなど)で検索するとお店の営業時間や電話番号、口コミなどが一番上に表示されるのを見たことありませんか?

それらも地図検索でのMEO対策によるものです。このMEO対策ですが、実店舗でのビジネスをされている方にしかできない対策です。

というのも、MEO対策は先ほども述べた通り、GoogleMAPという地図検索の結果に影響を及すものです。

GoogleMAPと言えば、住所さえ打ち込んでしまうだけでその周りにあるお店や行きたいお店まで案内してくれる数あるサービスの中でも利用者の多い、便利な機能です。

また、場所と業種名で検索するだけでそのお店がどこにあるのかを表示してくれるサービスでもあります。道案内機能を主としており、その性質上、通販サイトは登録できず、表示されません。

そのため、どんなビジネスであれ、実店舗を持っている方がMEO対策をすれば通常検索よりも検索結果の上位に入り込むことができ、集客率アップが大幅に見込めるのです。

また、MEO対策を行うメリットとして、SEO検索にも良い影響を及ぼすということもあります。SEO対策は検索ページの1ページ目に表示させるのでさえ根気のいる作業ですが、MEO対策を行うことによって、被リンク等も増え、Googleが適切なコンテンツだと判断し、自然とSEOも上がるのです。

MEO対策は『Googleマイビジネス』を利用する

MEO対策を行うにあたって、主に利用するのはGoogleマイビジネスです。
店舗オーナーや管理者に向けてGoogleが無償で提供しているサービスで、自分のお店の住所や写真、営業時間などの情報を充実させることによって、見込み客の獲得を狙えます。登録がまだの方はユーザーレポートなど、顧客層をつかめる有力なツールにもなるので登録しておいて損はありません。

Googleの検索結果は、Googleマイビジネスの情報を基に掲載されます。そのため、MEO対策をきちんと運営するにはGoogleマイビジネスをうまく活用できるかがキーポイントになります。

具体的には口コミへの投稿数や、HPやSNSへのリンク店内ストリートビューなど、多くの情報が正確に掲載されていることで、MEOでの表示結果が変動します。

MEO対策を始めるならいますぐ!

近年、GoogleによるGoogleMAPへの強化が徐々に行われています。
以下のような動画見たことありませんか?

一見、ユーザーにとってのGoogle検索の利便性を訴求しているように思えます。しかし、店舗様にとってはMEOの活用方法があるということを表しているのではないでしょうか?
ユーザー店舗責任者両方へGoogleMAPの利便性を発信しています。

それだけ、Googleにとっては、多くの方に使って欲しいということが示されているのではないでしょうか?。

また、Googleは検索結果をより質の高いものにするため、MEOは非常に有効的だと判断しています。そのため、MEOにおける強化(2017年に投稿機能の追加など)も積極的に行っています。

それなのにも関わらず、MEO対策に関して、店舗での認知度や対応はまだまだ遅れています。

飲食業界を例にしてみましょう。試しに八王子・ランチで検索します。すると、食べログでは1089店舗も登録されていますが、Googleマイビジネスに登録されている店舗はわずか140件。ほぼ10分の1です。

また、検索結果では食べログよりもMEO対策を行っている店舗の方が上位(1位)に来ていることがお分りいただけるかと思います。

もちろん検索結果上位にいることはユーザーが見たときに目立ちやすく、その分クリック率も高いです。また、一目で口コミやイベント、距離時間なども一目でわかるため、ユーザーも予約や電話、来店率など、行動を起こしやすいのです。

つまり、MEO対策を行うことで、売上に繋がりやすい広告低価格で打つことができるとも言い換えることができます。

SEO対策は業者に依頼したとしても上がるかどうかわからない不安定な状態。にも関わらず、その作業量も膨大のため、コストは非常に大きく、集客効果がある!と言い切れるものではありません。

しかし、MEO対策は業者、店舗全体でも手探りの状態が続いており、MEOにおける競合店がまだまだ少ないため、SEOほど高い値段を提示している業者が少ないのです。

集客力をあげたい店舗はまず行動をすべし

チラシ広告やTwitterを更新したり、ブログを更新したりするのも大切です。しかし、それぞれの時代で広告は変わってきています。

スマートフォンの普及率が60パーセントを超えた現在、MEOは店舗様にとって大きな味方となります。

Googleマイビジネスへの登録さえ済んでおけば、MEOは簡単に始めることができますし、更新頻度やコストなども大幅に抑えることができ、その費用対効果も素晴らしいものです。

そのため、集客力を高めたい、すぐにでも結果が欲しい店舗はMEOの登録を行うべきです。

ただの道案内サービスではなく、コストパフォーマンスの非常に高い、広告として捉え、運用することで数字にも嬉しい変化が訪れます。