目次

・Googleマイビジネスにおける「管理者」と「権限の追加」
・Googleマイビジネスの管理者権限を追加する方法
・Googleマイビジネスの役割と権限
    -オーナー
    -管理者
    -コミュニケーション管理者
・まとめ

Googleマイビジネスにおける「管理者」と「権限の追加」

Googleマイビジネスではページを管理できる担当者を「管理者」と呼び、権限を持った管理者だけがGoogleマイビジネスの情報を編集したり、口コミに返信することが可能です。

店舗運営スタッフが新しく加わった時やページを管理するメンバーを増やしたい時に権限の追加を行うことで、Googleマイビジネスを効率的に活用できます。

Googleマイビジネスの管理者権限を追加する方法

Googleマイビジネスの管理者権限の追加方法は、以下の通りです。

1.Googleマイビジネスにアクセスし、ログインします。

右上のログインボタンをクリックしてログインします。

2.ログインした画面から、左メニューの「ユーザー」をクリックします。

3.「権限を管理」の画面に推移したら、右上の「ユーザー追加」アイコンをクリックします。

4.「新しいユーザーの追加」が表示されたら追加したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力し、「役割を選択」のプルダウンをクリックします。

5.追加するユーザーに付与する役割を「オーナー」「管理者」「コミュニケーション管理者」の3つから選択し、招待をクリックします。

招待をクリックすると、追加したいユーザーへ招待メールが送られます。
メールを受け取ったユーザーが「招待に応じる」から承認すると正式に管理者として追加されます。

Googleマイビジネスの役割と権限

Googleマイビジネスの管理者には3種類あり、それぞれ権限のレベルが異なります。
上記でご説明しました追加手順の5で行ったように、管理者権限を付与する際に3つの中から役割を割り当てることが可能です。

オーナー

オーナーはメインオーナーと同等の権限を持っています。
他の管理者を追加したり、管理者を削除できるのはオーナーだけです。

管理者

管理者はGoogleマイビジネスの削除、管理者の追加・削除を除いた、ほぼすべての権限を持っています。

コミュニケーション管理者

コミュニケーション管理者は口コミへの返信が中心です。Googleマイビジネスの情報を編集することはできません。

オーナーと管理者の詳しい違いは以下の記事をご覧下さい!

Googleマイビジネスのオーナーと管理者の違いは?

まとめ

いかがでしょうか。Googleマイビジネスの管理者権限を追加できるのはオーナーだけですが、簡単な手順で追加できます。

3種類ある管理者の役割はそれぞれできること・できないことが違いますので、目的にあった権限を付与し、Googleマイビジネスを上手に活用していきましょう。