GoogleMAPと言えばわかりやすく経路を示してくれたり、行きたいお店を探してくれたりする便利な機能ですよね。

店舗様でもユーザーも両者にメリットがありますし、その精度は日々進化しています。

今回、7月31日のGoogleMAPのアップデートにより、とある機能が追加されました。それが『マッチ率』です。今回は新しく追加された『GoogleMAPのマッチ率』について紹介させていただきます。

目次

・マッチ度とは?
・マッチ率の精度を高めるためには
・よりGoogleMAPの精度を高めるために!
・まとめ

マッチ率とは?

マッチ度に関して、Googleが発表している概要は以下の通りです。

新機能「おすすめ度」は、運命の一皿とのおいしい出会いをサポートします。飲食店をタップすると、そのお店があなたの好みにどれくらいマッチするか、予想値が表示されます。行き先に悩む手間を省いた分、大好きな味を満喫する時間をゆっくり楽しめます。
引用:https://itunes.apple.com/jp/app/google-マップ-乗換案内-グルメ/id585027354?mt=8

簡単に言ってしまえばGoogleMAPが、ユーザーと飲食店の相性を数値化したものです。過去にGoogleMAPで検索したお店や食べ物の種類などの検索履歴を元にデータ化されます。

ラーメンの食べ歩きが趣味な方はラーメン店の精度が必然的に高くなります。

マッチ度がどのように表示されているのか、実際の画面を見てみましょう。

このおすすめ度と書かれているのがユーザーにとっての相性です。

GoogleMAPでより精度の高い、自分に合った美味しいお店を見つけてくれる手がかりになってくれます。

マッチ率の精度を高めるためには

自分の好みのお店やマッチ率が違うなと感じた場合、「フード/ドリンクの好みを編集」で設定することができます。

まずは「関心がある」ジャンルについてどんどん追加していきましょう。

ジャンルは「イタリア料理」、「和食」、「中華」などはもちろんですが、「餃子」や「フォー」「刺身料理」などの特定の料理名まで細かく設定することができます。そのため、自分の好きな食べ物や美味しい料理などを見つけたい場合は設定しておいて損はありません。

逆に「関心がない」ものを追加をしておくことによって、余計な情報が省かれ、精度を高めることができます。

よりGoogleMAPの精度を高めるために!

会社でもプライベートでもGoogleのマッチング率は応用可能です。

上記のマイプレイスへ登録しておくことで、会社でのランチや会社帰りに自宅近くの夜ご飯など、自分の好きなジャンルのご飯などが見つかりやすくなります。

マイプレイスは、Googleマップ上のメニューの1番上に表示されています。

まずはマイプレイスへお気に入りの場所を登録してみましょう。

まとめ

Googleはしばしばアップデートを行っており、飲食店を経営されている店舗さまにとっても、ユーザーにとっても目の離せないアプリになっています。

今後も様々な機能が追加されると予想されています。Googleアプリは無料でダウンロード可能です。まだ導入していない方はぜひインストールして活用してみてくださいね!