㈱cocoが提供するGoogleマイビジネスチェッカーを、Googleマップ・Googleマイビジネスゴールドプロダクトエキスパートの永山氏に監修を依頼させていただきました。

それにあたり、永山氏と共同でオンラインセミナーを開催しました。

セミナーの全ての動画と書き起こしへのリンクはこちらからご確認することができます。

GMBチェッカー「詳細情報」項目設定の注意点

小:次はこの詳細情報というところなんですけれども、設定としては細い部分なんですけれども、永山様の方で「ここは押さえておいた方がよい」というポイントがあれば簡単にでもいいので教えていただけると嬉しいです。

属性情報は変化しやすいので、見逃さないように定期的な確認が必要

永:割と属性の設定は変動するんですよ。

いきなりなにか情報が追加されたりとか、無くなったりというケースもある。コロナの影響でデリバリーとかテイクアウト系の属性が一気に増えたりもしているので、チェックして見逃さないでいただきたいっていうところです。

あと、この設定はGoogle マップで利用者アンケートみたいな感じで表示されてこれ本当にやってますか?みたいな感じで「はい、いいえ」みたいな形に表示されて、回答状況によってGoogleが変更したりして割と変化しやすいんですよ。

お客様が勘違いして情報を報告してしまっている可能性も

カードを使えるんだけどほとんど使われない店があるとする。

なぜかというとレジにも表示がなくて、お店の外観からもカードが使えると思われてなくてしょうがなくみんな現金で払ってるようなんだよねっていう状況であれば、恐らくカードが伝えるって認識されていない。

そうなると勝手に書き換えられる可能性があります。これって割と多くて、定期的にチェックいただいたらと思います。今回のチェッカーでも「それが正しいか」まではチェックできないので。

小:店舗様のこの部分は定期的にチェックをしていくのと、正しい情報にあわせていくと。

サブカテゴリは、正しく自分のお店に該当する情報が設定されているかを確認

永:あとはサブカテゴリの話ですね。サブカテゴリーは基本的にマイビジネス、新規登録も含め、整備を行い始めた時には基本的に入ってません。サブカテゴリのは殆どの場合、基本的には自分で設定しないといけないんです。

この辺りなどはチェッカーが踏み込めない部分なので、必ず自分たちの目で見て本当にこの業種は正しいのか、これはメインカテゴリーも含めて見ていただいてきちんと表現されているかを、ちゃんと設定するって言う部分を忘れないでいただければと思います。

永山卓也氏について

https://www.facebook.com/tak.nag.lug
https://twitter.com/Tak_Nag_Lug
ローカルビジネスコンサルティング、店舗マネジメント業を行い、 デジタル、アナログ両面で 小売・飲食・宿泊業、観光業に豊富な経験。

各都道府県の地方自治体、地域団体などを中心にセミナー、講演実績多数。
Googleマイビジネス、Googleマップ 、ゴールドプロダクトエキスパート。

「Googleマイビジネスチェッカー」ご利用の方法

下記URLより、cocoへの無料登録をお願いします。
https://cocoreview.com/apply

※GMBチェッカーの機能の仕様上、オーナー権限を持つGoogleIDで連動させますが、この権限について弊社が診断するビジネス情報自体をcocoのツール以外に再利用する事はありません。あくまで便宜上の情報取得と診断、cocoの口コミ集めなどの連動機能のために使うものです。

チュートリアルをステップ3まで完了しGoogleマイビジネスチェッカーに接続すると診断できます。表示される診断結果をヒントに情報整備や施策を行い、ビジネス成功に繋げてください!